施術法の紹介

じゅん整骨院で取り入れている治療法のご紹介をいたします。

患者さんの症状にあわせて様々な方法をもちまして施術を行っておりますが、主に施術で使用している治療法のご紹介をいたします。


触圧覚刺激法

DSCF3595 2

じゅん整骨院の主たる施術方法となります。

関節可動域の維持、拡大を図るとき、あらかじめ患者の皮膚上にセラピストの指を触れておくと、可動域の制限をしていた筋の緊張が緩み可動域が拡大する。この理学療法技法を『触圧覚刺激法』という。

触圧覚刺激法研究会HPより

上の画像は腰の治療方法です。
押してもむような施術方法ではなく、柔らかいタッチによる皮膚感覚刺激によって筋緊張を取り去る方法となります。

指圧のような押す・もむ施術を受けていた方は驚かれるのですが、とてもソフトな刺激なのに筋肉が非常に柔らかく変化いたします。

筋緊張を軽減させることで疼痛軽減や関節可動域が拡大し、身体が非常に楽に動かせるようになります。
強い刺激は加えませんので揉み返しなどの危険性もない安全な手技となっております。

触圧覚刺激法は腰だけでなく、頸椎、四肢など全身の施術に活かすことが出来ます。

院長は触圧覚刺激法研究会に所属しており、研究会では年々治療法が進化しているので患者さんには最新の施術を受けていただけます。

 


『筋膜・骨膜リリース』

テレビ番組で紹介され注目を集めている治療法です。

最近出来た手技ではなく昔からある施術なのですが、当院のように骨膜まで狙って治療をしている治療院は少ないです。

骨膜・筋膜リリース

筋膜・骨膜を患者さんの状態に合わせてはがすよう(リリース)に施術いたします。
手技による施術でリリースすることによって、癒着して緊張していた筋肉や腱が弛みます。

筋肉や筋膜が硬く緊張した状態になると、筋本来の活動性を失い筋力を発揮することが出来ません。

柔軟性を失い、力を出せなくなってしまう状態になると身体に大きな負担となり痛みを発症します。

筋膜・骨膜をはがす(リリース)することで人間本来の動きを取り戻すことができます。

強くマッサージして筋肉を揉むことはないので、筋繊維を傷つけることなく施術することができるので筋力低下を起こすこともありません。筋肉が活動しやすい状態となるので、結果的に筋力(出力)も上がります。

 

関連記事 筋膜はがし・筋膜連結治療とは。小さな変化が大きな変化に!

筋膜リリースの筋連結治療の効果が絶大に!

 

 

ホームへ戻る