肩痛治療

アイコン首アイコンスポーツ


肩痛とは

人間の関節の中で最も動く関節が肩関節なのです。この大きな動きを支える為に関節・筋肉(腱板)・靭帯が複雑に組み合わさり動かしているのです。
負担のかかりやすい部位であると同時に、加齢と共に強度の低下が起こりやすい部位である為に五十肩や腱板損傷を起こしていますのです。スポーツの負担によっても負傷をすることが多いです。

肩痛の原因
五十肩などの加齢による痛みは、長年の不良姿勢や過度の使い過ぎによる肩関節構成組織の破綻が起こります。痛みが起こると日常生活が不自然になり肩こりや首を痛めることにもつながりますので早めに治療をすることをオススメいたします。
スポーツにより痛める場合(投球障害)は、肩関節の動きの悪さ(可動域制限)による投球時の負担が原因となります。動きの悪さは肩関節だけでなく股関節など遠くから来る場合があるので原因の特定を正確に行う必要があります。

肩痛治療
当院では治療に最も大切なことは原因の追及と考えています。
問診や触診など身体の動きを確認し、腰に痛みを及ぼしている箇所を正確に特定いたします。
肩の治療で重要なことは、可動域をいかに拡大し自然な動きを獲得することができるかが大切です。不良姿勢によるものか、肩・肘・手首が原因をしているかを正確に特定し治療して行きます。

 

お問い合わせ無料相談はこちら


関連記事:肩が上がらない。五十肩じゃなくてフローズンショルダーの危険性!
     五十肩、腱板損傷の夜間痛に対する、痛みのでない寝方。
     〜喜びの声〜 肩・首からくる頭痛


 

はじめての

診察時間
address:奈良県大和郡山市北郡山町109−5
tel      :0743-55-5544
parking :3台完備
問い合わせ

 

ホームへ戻る